湯の丸高原

レンゲツツジ
レンゲツツジ マツムシソウ

 湯の丸高原は浅間連峰の西側に位置し、その名のとおり、丸く穏やかな表情の峰々と、爽やかな亜高山帯の気候がおりなす一帯は「花高原」として親しまれています。有名なつつじ平のレンゲツツジ大群落は、国の天然記念物にも指定され、初夏6月下旬には湯ノ丸山の山肌を鮮やかな朱色の絨毯のように染め上げます。
 周辺の山々は、比較的登りやすく山容で、雨の少ない安定した気候と抜群の展望から、初心者も安心して登れるコースとして人気があります。
 烏帽子岳:湯の丸・浅間山系の最西にそびえ、古の貴人の被る烏帽子のように尖った頂上の形から、その名が付いたといわれます。
 山頂からは北アルプスのパノラマ、上信越の山々、眼下には千曲川の流れが見渡せます。
 篭ノ登山(東篭ノ登山・西篭ノ登山)水ノ塔山:篭ノ登とは不思議な名前ですが、かつて山が信仰の対象であった頃、天に最も近いところという意味から「加護の塔」(神の力を授かる高い場所)と名付けられたともいわれます。  浅間山から富士山、八ヶ岳、北アルプス、遠く日光山系まで、まるで俯瞰図のようです。

 池の平湿原は標高2000m、数万年前の三方ヶ峰火山の火口原に広がる高層湿原です。池の平周辺の浅間山麓一帯は、温暖な里山から、一気に標高2000m超の山頂へと急峻な地形になっています。内陸性気候ということから昼夜の気温差、年間の気温差がとても大きい特色ある気候条件にあります。
 そのため里山に生息する動植物から、本来ならば3000m級山岳地帯に見られる高山性の動植物までが、この狭い一帯に混在しているのです。そのような特有な環境が、池の平湿原を多様な自然がおりなす、”高山植物の宝庫”としてくれたのです。
 6月はイワカガミ、ハクサンシャクナゲ、7月にはレンゲツツジ、アヤメの大群落、8月~9月にはヤナギラン、マツムシソウ、リンドウなどの草花が咲きほこります。見晴岳、三方ヶ峰の南斜面には、”高山植物の女王 コマクサ”の群落(6月下旬~7月)も見られます。また、ウメバチソウ、ワタスゲなどの湿性植物の観察できます。
 野生動物も、オコジョ、ニホンカモシカ、ノスリ、などが生息し、木々の間には多くの野鳥がさえずり、また花を求めて集まるベニヒカゲやミヤマモンキチョウ、ミヤマシロチョウなどの貴重な高山蝶も見られます。

湯の丸高原
マップへ
池の平湿原
マップへ
湯の丸高原
花暦へ
マツムシソウ コマクサ ミヤマモンキチョウ アヤメ ハクサンシャクナゲ
花ごよみ
スノーシーズンのご案内は湯の丸スキー場のホームページでご覧ください

 

Pick up

地域観光ガイド申込
湯の丸高原花暦
湯の丸高原
海野宿
海野宿
芸術むら公園
湯の丸高原つつじ祭
海野宿ふれあい祭
湯ノ丸スキー場
4つの日帰り温泉
道の駅雷電くるみの里
道の駅みまき
ページのトップへ戻る