北国街道「海野宿」 重要伝統的建造物群保存地区

海野宿の町並み
白鳥神社   海野宿の町並み
 

 海野宿の町並みは、江戸時代の旅籠屋造りや、茅葺き屋根の建物と、明治以降の堅牢な蚕室造りの建物とがよく調和して伝統的な家並みを形成しています。
 道の中央を流れる用水、その両側に立ち並ぶ格子戸のはまった美しい家並みは、歴史のふる里をを想わせる静かなたたずまいを感じさせてくれます。
 また、
海野宿の産土神である白鳥境内の社そうは神社の歴史を物語り、中央にあるけやきの木は樹齢七百年を超えています。毎年4月の例祭には街道に12本の大のぼりが立ち並ぶなど、昔ながらの風習が今も受け継がれています。
 11月23日(祝)には海野宿ふれあい祭が開催され、時代仮装行列や、人力車も繰りだし往時の宿場の賑わいが甦ります。

 

 海野宿は寛永2年(1625)に北国街道の宿駅として開設されました。北国街道は、中山道と北陸道を結ぶ重要な街道でした。佐渡で採れた金の輸送、北陸の諸大名の参勤交代のほか、江戸との交通も頻繁で善光寺への参詣客も多くありました。
 寛保2年の大洪水によって隣接する田中宿が被害を受け、本陣が海野宿へ移されてからは、伝馬屋敷59軒、旅籠23軒と、たいへんな賑わいを呈していました。
 明治に入り宿場機能が失われてからは、養蚕の村へと移り変わりました。
 海野宿は伝統的な家並みが現在まで保存されていることから、昭和61年には「日本の道百選」に、62年には「重要伝統的建造物群保存地区」に選定を受けています。

本うだつ 袖うだつ 海野格子 出桁 気抜き
 「本うだつ」は江戸時代のもの、「袖うだつ」は明治時代のものです。どちらも富裕な家でなければできるものではありませんでした。このようなところから「うだつがあがらぬ」という言葉も生れています。
 「海野格子」と呼ばれている格子は江戸時代のもので、2階の出格子に見られます。長短2本づつ交互に組み込まれ、海野宿特有の美しい模様を織りなしています。
 「出桁」は江戸時代の旅籠屋造りのもの、「気抜き」は明治時代の蚕室造りの象徴です。

資料館   マップ
江戸時代の建物がそのまま資料館に。    アクセスマップを見る
 くわしい情報を見る    

資料館   マップ
江戸後期厨子二階造りの建物    アクセスマップを見る
 くわしい情報を見る    

【海野宿駐車場 Tel.Fax.0268-64-2411
駐車料金一回
大型車2000円・中型車1500円・普通車300円・二輪車100円
 

 

Pick up

湯の丸高原花暦
湯の丸高原
海野宿
海野宿
芸術むら公園
湯の丸高原つつじ祭
海野宿ふれあい祭
湯ノ丸スキー場
4つの日帰り温泉
道の駅雷電くるみの里
道の駅みまき
ページのトップへ戻る